作品展開催中です

会期あとわずかとなってからの投稿になりましたが

作品展 スミズミノスミ 開催中です。

27日まで。

COMMON hair design(大分市長浜13-51津田ビル2F)
9:00-19:00

※作品展のみご観覧のお客様は駐車場は近隣のコインパーキングをご利用ください。
※基本的に作家は在店しておりません。

 

_________________

【鑑賞のポイント】

・どの墨色がお好みですか?
(色だけでなく滲み、掠れ、墨だまりにご注目)

・あなたは何に見えますか?
(全て文字でありながら殆ど判読不能なため、モノの形や姿、景色に見える)

・読みたい場合は作品の横にそっと置かれたシーグラスをよけて紙片をご覧ください。

・陳列棚になっているりんご箱への納まり具合
(木の割れ目に絶妙にはまり込んでいます。書とりんご箱がこんなにマッチするなんて、、、全て自然のものゆえ当たり前かも)

・ワイヤーアートとのマッチング
(書と対照的な無機質な素材ともこんなにマッチするなんて、、、)

・赤で落款印を入れてないのはないのはなぜでしょうか?
(伝統的な書道のしきたりからしたら、、、です)

最後に、、、

片隅乃墨/紙海乃墨/端書乃墨 3つのシリーズにわかれています。シリーズごとの私のメッセージなど思いを馳せていただけたらこんなに嬉しいことはありません。

_______________________

 

見て感じろーーーと以前は叫んでいた私ですが、

見るだけでは感じられないのです、実は。

 

私自身、見るだけ書くだけをやってきたわけではありません。

歴史背景などの学びもさることながら、

言語化してアウトプットするということを積み重ねてきています。

 

 

言語化するということは、

感覚で感じていることと

頭で考えていること、考えてきたこと、知識、経験がむすびつくということ。

 

感覚と言語と結びつくことによって、

ロジカルに思考することができる。

 

感覚的なことでありながら論理的であるということ。

 

感覚は論理を超越しますが、

論理なき感覚は、自分自身も他人も

その感覚の有りどころというか、詳細を掌握することが難しいものです。

つまり、自分自身の感覚についていうならば、

自分で自分のことがわからないということになるのです。

 

自分が何を美しいと感じ、

自分が何を重んじて生きていきたいと感じているのかという

人間の本質を理解しないままに一生を終えるというのは

とてももったいないと思うのです。

 

 

美意識を磨くということ。

 

 

あなたも今年は少し意識してみませんか?

 

 

 

 

 

Tags: | | | | | | |

Copyright © 2017 書のしずく. All Rights Reserved.